[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
真田塾



「この事 真田に相談したら、


是非 補講は自分にやらせてくれ、

って言ってたぞ」




「え…






ええええええ!!!!


さ、真田副部長がぁ!?


何で真田副部長なんかに相談したんスかぁ!!」



「いや、お前らの担任に補講の相談してたら、


たまたま真田が居合わせてな」



とにかく、そういうことだから、



そう言うと去っていく教師の背を見送って、


赤也が がくり、と

膝から崩れ落ちた




[*前へ][次へ#]

9/19ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!