[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
どんなおめめ?


「「え!?」」


ジャッカルの言葉に、
よもぎと赤也とブン太が
柳生を振り返った


しかし、



「…なにか?」



柳生は既に眼鏡を装着していた




「「あぁ〜!!」」


「ジャッカルなんでもっとはやく教えてくれなかったんだよぃ!!」


「いや、似顔絵に夢中だったからよ」


「柳生先輩!もっかい!

もう一回眼鏡外して!!」


「お断りします」


「なんで!!」




よもぎたちから大ブーイングを受けるも、
柳生は涼しい顔だ



「あなたたちが何か失礼な事を考えていそうだからです」



「(ギクッ)そ、そんなことないッスよ、」




[*前へ][次へ#]

9/23ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!