[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
柳生という男、仁王の末路


よもぎが見つめるフェンスの向こうでは、

柳生が休憩時間にもかかわらず

それはもう一心不乱に、黙々と

レーザービームの練習に励んでいた






























仁王を的にして。



「ぎゃああああ柳生!
やーぎゅ!!スマン!スマンかった!!


もうメガネのレンズに指紋つけたりせんから!!」



「柳生先輩メガネ触ったら怒るもん…

奪い取れないよ」


「いや、聞けっつったんだよ

柳生先輩のメガネに触るなんて
オレだってしたくねーもん
ちょっと触っただけでスゲーキレんじゃん

部室だろうが教室だろうがボールぶつけてくんだぜ?
紳士じゃねーよ、あの怒り様」



[*前へ][次へ#]

3/23ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!