[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
げんいちろうくんが携帯を買い替えたようです










『……………………でね、ここ押したら……そうそう、このボタン


これでメールが送信されるよ




ちょっと待って、いまわたしの携帯に…………(ブブブ、)



あっ ほらね?届いたでしょ?』









「うむ、そのようだなっ



助かったぞ、よもぎ
礼を言う」









『(弦くん嬉しそう…)


きっとこれで部活の連絡網も楽になるね



みんなのメアド登録した?』







「ああ、皆が赤外線?で登録してくれた」









『至れり尽くせりだねぇ…』








「それでその、このボタンは何だ?




どうやらカメラのマークがついているようだが…写真が撮れるのか?」








『ああ!うん、そうだよ



撮ってみる?』








「うむ、よもぎが被写体になってくれないか?」






『へ?わたし?いいけど、恥ずかしいなぁ…



えっとそしたら…………………』








―――――――――――カシャ










「……………………おぉ、よく撮れてるな」








『うわ、わたしなんか変に緊張してへんなカオ………』








「そうか?」









『で、写メの消し方だけど、』






「!!いや、今はそれはいい、また今度頼む」








『?そう?(何を焦ってるんだろう…)』












************




ヒロインちゃんの写メが欲しかった真田(笑)





ある小説にヒントを得て突発的に書きました



2013 2/18 15:09





[*前へ]

10/10ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!