[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
マサっハルっスイッチ(N●K教育 ピ●ゴラ風に)

[出演:よもぎ・仁王・柳生・大石・菊丸]







菊(じーっ)「………………………………うーん…」




仁(びくびくッ)「なっ なんじゃ菊丸!そんな至近距離で見るんじゃなか!」




大「そうだぞ英二、失礼じゃないか


急にどうしたんだ?」






菊(じっ……)「んにゃーだってェ〜 仁王ってさ、なんか試合やってるときと全然雰囲気ちがうにゃあ〜


へーんなかんじ!」





『え?そうですか?』





大「ああ確かに… コートにいるときは何考えてるかわからない感じだったけど、今はなんか、へにゃっと……オドオドしてないかい?」







比「まぁ…仁王くんはあくまで『コート上の』詐欺師ですからね」





『あぁ!ニオ先ぱいには“やる気スイッチ”あるんですよ!




先ぱい失礼しますね、…よ………っと、

スイッチ〜オンっ(グイッ)





仁「あっ よもぎ!しっぽ掴んでなにを、(カチッ)

あ………。





大「草薙さん!?いきなり仁王のちょろ毛をひっぱたりして……!


仁王、大丈夫かい!? ………?仁王?」





仁「…………………………よぅタマゴ。
げんきそうじゃのぅ…ククッ」







大「(たまごッ)」





菊「あーっ!試合のときの仁王だにゃーっ





比「こうやって試合前にはよもぎくんが仁王くんの頭のしっぽを引っ張って『詐欺師仁王』にするのですよ」







大「……………仁王って荷電式だったのか…………ッ




………たぎる!!」





菊「ねねっ! 元のふにゃふにゃ仁王に戻すのはどーやんの?やっぱりしっぽ?」





比「いいえ今度はしっぽではありません 今よもぎくんがやってます


一度ああなるとオフにするのはなかなか難しいのですが………」








『ちょっと……っニオ先ぱいっ!この………っ

ひらりひらりとよけないで下さいよ!



スイッチ押せないです!』








仁「おっと……… そうカンタンにはやらせんぜよ



そうじゃのぅ…よもぎがほっぺにちゅーしとくれたら押させてやってもいいぜよ」






『なに言ってんですか、……ってうわっ




ちょっとどこ触ってんですか







仁「ほれ、ちゅー♪」







『あああっもう! ……はっ!今だチャンス!!



えいっ(ぽちっ)






仁「しま……っ!? ……あり?俺…あッしっぽ痛い…あんまり強くひっぱらんで欲しいナリ……ぐすん…」






菊「今度はほくろがボタンだったの!?スゴイにゃ仁王!!ロボットみたい〜!」







比「……とまぁこんな感じでコートの上では様にはなるんです




普段の姿じゃ王者の風格もへってくれもあったものじゃありませんからね





何故かオン・オフの切り替えはよもぎくんにしかできないのですが」







『う〜つかれた………』







菊「“コート上の詐欺師”って『コートの上だけでは詐欺師』ってイミなの?」










大「……。えっ、結局仁王は二重人格なのかい?ロボットなのかい?





それとも家電なのかい?」









オ・ワ・リ(オチなし)



************************


なんとなく思いついた


詐欺師仁王のイメージを今更ながら守ってやろうと書き始めたのにますますキャラがわからなくなった



誰か助けてください



あとこんなキャラ崩壊ヘタレ仁王を好きだと言ってくれた皆様感謝してます!


2013.01.23 21:06






[*前へ][次へ#]

9/10ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!