[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
アントキノボクラ

















(ガバッ)「――――――――――ぶはぁッ












―――――――――――暫くして、俺は目を覚ました










「あ………ここ、保健室…?」










ベッドから上体を起こして周りを見回していると、




パステルグリーンのカーテンが開いて、保健室の先生が顔を覗かせた










「あら、起きたの?切原君、もう放課後よ」







「あの俺……………」







「体育の時間に暴れて、止めに入った女の子にグーパンされちゃったのよ」








思い出した。あるクラスメイトのことが気にくわなくて、喧嘩になって、赤目になったんだ








「あなた軽い脳震盪で倒れたんだけど、どこか痛む?頭とか」








「………………鼻痛いッス」








そう告げると、保健医はあはは、と笑った






「まぁ、大丈夫そうね
草薙さんが、ギリギリまでアナタの傍に居たんだけど、切原君よく寝てたし、下校させたわ」









「草薙………………」







そうだ、草薙よもぎ。まさかこの俺が女子なんかに倒されるとは



どういうつもりで俺についていたのか知らないが、明日会ったらとっちめてやる!










その時、ふと保健医の言葉を思い出した








……………………………………放課後?











「Σ!!」









バッと壁に掛けられた時計を見ると、時刻は3:50












「…………部活ー











ありがとうございましたッ、と言いながら俺は保健室を飛び出した














「ちょっと切原君今日は念の為安静にし………聞いてないわね」












当然、保健医のそんな言葉も聞かず、俺は部室棟に急いだ







[*前へ]

2/2ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!