[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
神の子のクッキーなのねーシュポーッ



「俺が味見したときはちゃんと味がした…なのに今は……………ということは、

……まさか!」


「ゆっきー?
なに、「ぬおぉぉあああ!!!!」


Σ弦くん!?どうしたの!!!?」


「目が見えん!!何も見えん!!」


「Σえ!?」


「やっぱり!」


「ゆっきー何がやっぱり、「あああああ!!!!!」

もう!さっきからセリフにかぶせて来ないでよぅ!!」

よもぎが振り返った先では赤也が耳を押さえて叫んでいた



「おおお音が消えたぁぁぁぁぁあああ!!!!!」
(↑自分の声も聞こえないからボリュームがでかい)


「………視覚に聴覚、そして味覚…

次々と失われていく…これは…」



「え…それって、」





意思がシンクロした全員が幸村を振り返る



[*前へ][次へ#]

5/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!