[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
「ここでタイトルコール出来なきゃ僕は一生女の子とチューできな、 ブツッ(一年部長強制終了)



「み、みんな苦労かける…
やっぱり俺がクッキー作りなんて無理だったんだ…」


落ち込む幸村に全員が慌てて声をかける



「そ、そんなこと無いッス!!
このクッキー淡白な味付けで
めちゃくちゃ美味いッスよ!」



「そうだぜぃ!
ちょっと薄味だけど、
あ! でもそこがいいって言うか、
普段糖分摂り過ぎなオレにはピッタリだな!うん!!」


「そうそう!このクッキー味無いけどすっごく美味しいよ!!」



「Σよもぎくん!
折角今までオブラートに包まれていたというのに!!

少し言葉を慎みたまえ!」


よもぎの発言に全員ヒヤヒヤしたが、
幸村はハッとした表情になり何か考え始めた




[*前へ][次へ#]

4/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!