[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
甘え



















「…………オラ、」










「あっ、ありがとう」










海堂から飲み物を受けとる




温かいコーヒーの缶を手のひらで挟んで転がすと、じんわり熱が広がった

















「…………………………」












海堂は最初どうしたらいいかわからずその場につっ立っていたが、













「………………………………」







やがてよもぎの隣に座った

















そのまま、お互い暫しの沈黙









遠くのほうで鈴虫が鳴いている






[*前へ][次へ#]

18/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!