[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
秋のうたたね。







よもぎちゃんは、
相変わらずオレの肩に頭を乗せて




規則正しい寝息を立てている







彼女の寝顔を眺めているうちに、


次第に自分も眠りに堕ちていった。












「―――――――……ねぇ見て、あそこの中学生のカップル可愛いよ、」




「お互い頭寄せ合ってるね、



なんかカップルっていうより兄妹みたいだね、」























結局、終電まで行ってしまったのは、




ここだけのハナシ。







END...




[*前へ]

8/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!