[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
秋のうたたね。









くぃっ、
























オレはよもぎちゃんの肩に手を回すと、











自分のほうに引き寄せた























よもぎちゃんは気がつくこともなく、



オレに身を委ねる




















「(安心して眠ってる……………



すごく無防備だな、)」









[*前へ][次へ#]

5/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!