[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
秋のうたたね。








一度起こしても、また眠りにつくと



隣の男の人に寄りかかってしまう、







その繰り返し。











オレはその様子に、











































嫉妬した。








[*前へ][次へ#]

4/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!