[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
秋のうたたね。






気がつけば、



よもぎちゃんはオレの隣で眠ってしまっていた








時折、小さく船を漕いでは
また眠りに堕ちる









「(かわいいなぁ…疲れちゃったのかな?)」










今日は部活の手伝いもしてもらったし、





目的の駅はもっとずっと後だから
オレはそのままよもぎちゃんを眠らせておくことにした






[*前へ][次へ#]

2/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!