[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
甘え








「え…」







「夕飯のとき、なんかおかしかったろ、お前ら」









「…………………………うん…」











よもぎはとつとつと今日あったことを話し始めた













「………………。








キリちゃんが…関東大会?のとき、




…………不動峰の橘さんに、その、



……わざとボールをぶつけたこと、



謝ったの?って聞いたら、





『オレのこと卑怯者って思ってたのか』って怒っちゃって、」













そんなんじゃないのに、















きゅう、と、肩に羽織ったジャージの端を握る





[*前へ][次へ#]

20/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!