[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
甘え


















「…………………………」





「…………………………」





「……………………」





「……………………………………」






「…………………………………………………………」















「…………………………………………ッ!








あ、あのよッ!?」







「Σ!?海堂くん!?…声裏返ってるけど…?」






先に沈黙を破ったのは海堂だった



女子と2人きり、という状況に、イヤでも緊張している
ひとつ咳払いをして、―――――――――海堂が他に尋ね方をとるはずもなくて――――
どストレートに聞いてきた












「あ…いや…(ゴホン、)き、切原と、なんかあったのか?」


















[*前へ][次へ#]

19/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!