[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
甘え












「よ、よう…」








「か、海堂くん…………?」








そこに立っていたのは、海堂だった






首からタオルを下げ、手にジャージを持っている















「どうしたの?こんな時間に……ランニング?」









「あ、あぁ…今終えてきたところだ」









――――――か、風邪引くぞコラ!






などとぶっきらぼうに吐き捨てると、よもぎにジャージを投げつける






「なんか…………飲み物を買ってきてやる



ちょっと待ってろ」








「えっ!?い、いいよ 海堂くん、」













よもぎが言い終わらないうちに、海堂は自販機まで走っていってしまった









よもぎは青学のジャージを羽織って待つことにした







[*前へ][次へ#]

17/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!