[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
甘え








PM10:00










よもぎと赤也の様子を見て、

心配してくれた桜乃、朋香、杏に断って、





部屋を出てきた














『……………………………』














独り、ロビーのソファーに佇む






やはり、一人になると昼間の喧嘩を思い出す









『………………キリちゃん、』














あの時の赤也の顔を浮かべると、


また涙が溢れてきた














『…………(キリちゃん、泣きそうな顔してた)』

















滴が重力に忠実にこぼれ落ちる


















カタン、








『?』









「……………………、」








物音がして、




慌てて涙をぬぐって音のしたほうを見ると、








[*前へ][次へ#]

16/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!