[通常モード] [URL送信]

王者立海生の日常
二日目・食事






よもぎの問いに元気良く答えたのはジローだった



よもぎの向かいで
結局長太郎にもらった羊肉のスペアリブに食らいつきながら



ニコニコしている








慈「オレ3年の芥川ジロー!!よろしく〜(*´∇`)」









『(ジロー…? Σ!!)



もしかしてブンちゃ……丸井先輩のお友達の!?


は、はじめまして!!』











ブン太の名前がでると、


ジローは嬉しそうによもぎの手を握った









ちなみにその手はスペアリブの油でギトギトだった









慈「うっれC!!丸井くんオレのことよもぎちゃんに話してくれてたんだ〜



なんかよもぎちゃんとは初めて会った気がしなE〜('∀'●)








『(べたべただぁ…)そ、そですか、』






慈「うんうん!!オレよもぎちゃんのこと色々知ってるよ〜!?
丸井くんに聞いたC!!」






「Σどんなこと言ってたんですか!?」







[*前へ][次へ#]

10/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!