[通常モード] [URL送信]

王者立海生の日常
二日目・食事






宍「ん…実はオレたち草薙のこと前から知ってたんだぜ、



名前だけだけどな」



長太郎の隣に座っていた宍戸がこちらを覗きこむように身を乗り出す




手にはしっかりチーズサンドを持っていた







『へ!?そうなんですか!?』





忍「せや、あの立海大の奴らが可愛がってるお嬢さんがおるってな」







『Σ!? 可愛がってるお嬢さん!?』





岳「オイ、なんかユーシやらしいぞ!!」








『あの…でもどうして……?』







「オレが教えたんだC!!」






[*前へ][次へ#]

9/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!