[通常モード] [URL送信]

王者立海生の日常
二日目・食事




―――――――――――……



食事・氷帝テーブル










岳「うんめぇー!!


この“納豆からあげ”マジ美味いぜ!」






忍「岳人…それの良さがイマイチ伝わらないんやけど……」





慈「日吉ー!!その羊肉欲しいC〜


頂戴!」






日「イヤですよ」






慈「じゃあ樺ちゃん頂戴?」






樺「これだけは………譲れません……」






宍「珍しいな!樺地それ気に入ったのか!?」










『………………………………』









夕飯時、よもぎは氷帝の部員たちと
食卓を囲んでいた






鳳や跡部に誘われやってきたが、



自分を呼んだ意図がわからず、ぼうっと彼らが騒ぐ様子を眺めていた






……………今、立海のみんなと一緒にいても、



気まずいのには変わりなかったろうが。












先ほどの自分の失敗が、立海の顔に泥を塗ってしまった様な気がしている





[*前へ][次へ#]

7/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!