[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
二日目・不穏







「――――ドリンク、作ってきましたっ!!」






暫くしてよもぎがドリンクをかごいっぱいに持ってくると、



跡部とスコア表を見ていた
幸村が近づいてきた












幸「よもぎちゃん、


スコア、ここ間違っちゃってるんだけど………」





『え!?あっ…本当だ!

ご、ごめんなさい………!!』





幸「いや、いいんだ



ただよもぎちゃんはスコアつけるの慣れてないし、
書き方忘れちゃったのかなって思って


あと一応…ここも抜けてて…」





『………………ごめんなさい………』





幸「試合した本人たちに確認はできたから大丈夫だよ」









萎縮するよもぎに
幸村が慰めていると、






[*前へ][次へ#]

3/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!