[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常







「―――――アナタのお兄さん、
なかなかセンスがあるじゃないですか、


悪くありませんよ」









「は、はぁ………(・◇・`)?




ところでエイシュンさん、」
















よもぎとエイシュンは


その後朝食の席に着いていた



しかし、

















「……これ、なんですか?」













食卓に並んでいたのは、








「ゴーヤチャンプルでしょう、どう見たって























あとゴーヤご飯に、ゴーヤ入り味噌汁です」










そう言って味噌汁をすするエイシュン






「なんでこんなにゴーヤ…」









「一宿一飯の恩です



有難くお上がんなさいよ」









「………はぁ。(………こんな苦そうなお礼聞いたことない…)」










「それから、」













エイシュンがゴーヤ飯を
もっさもっさ飲み込んで口を開いた












「食べ終わったら早く支度してくださいね」














「(もっさもっさ、)? なんの?」









「(もっさもっさもっさ、)決まってるでしょう」































「今日どこか連れて行きなさいよ」








[*前へ][次へ#]

18/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!