[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
















エイシュンが居たのは風呂場だった








上半身裸にタオル一枚巻いたままの格好でやって来た


フローリングに滴が落ちる




勝手に人の家にあがり込んで

部屋を物色した挙げ句、

風呂まで入った人間に文句の一つでも言っていいところだが


もうよもぎはそれどころではない



よもぎの父だってそんな格好で出てこない










「なっ/// なっ、なぁ!?




ふふふ、服!!服はどうしたんですかッ//!!」





「甚平のことですか?


そこに洗って干してあるでしょう




何日も同じ服着てられませんからね





何か服貸しなさいよ」





「あ、あんまりうろちょろしないでくださいよ!!



今持ってきますから!!」






「ちょっと、おやじシャツとか持って来ないでくださいよ



ワタシ服には五月蝿いんです」






「Σ知りませんよ!!」






[*前へ][次へ#]

17/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!