[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常














――――チュンチュン、チッチッ…


















「あさ………(´Θ≡Θ)〜°」









ほぼ寝つけなかった





これほど睡眠時間を削られたのは
赤也の真田塾に付き合って以来である





「う〜…起きなければぁ〜」























着替えて下の階のリビングに降りる







そこには、誰も居なかった




[*前へ][次へ#]

15/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!