[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
脱走計画失敗








エイシュンが右手の甲で眼鏡の左側のフレームをあげた








「全く、忠告しておいたはずだが?


大人しくしていろと





携帯と家の鍵がどうなってもいいのですか?」







「…ひっ ひとの家に勝手に罠なんか仕掛けて…っ」







「…………水色ですか




あんまり色気がないですね」








「……? …!!



やだっ………///」










よもぎはエイシュンの目線に気付いて


パジャマの裾を引っ張った









エイシュンは気にすることもなく


欠伸を噛み殺しながらリビングに入っていった









「せいぜいワタシの睡眠の邪魔はしないでくださいよ」






あッ ちょっとエイシュンさん!!



縄ほどいて下さいよっ!!





…エイシュンさん?まさかもう寝たの!?」











その後、小一時間かけて


よもぎは無事トラップを抜け出した






[*前へ][次へ#]

14/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!