[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
立海の玉子様2
よもぎと赤也は突如現れたブン太によって屋上に連れて来られた

赤也が早速尋ねると、ブン太はニヤリと笑った

「実はな…告られたんだよぃ」

「ええー!畜生丸井先輩にまで先越された!!」

「いいなー!!な、なんて答えたんですか やっぱりお付き合いするんですか!?」
「いやオレじゃねぇよ」

「え?なんだ じゃ誰なんスか
また幸村部長とか?」

「あーなんだぁ ゆきむらくんかぁ」

告白されたのがブン太ではないとわかると一気にクールダウンする2人
しかし、ブン太は それが、と とても楽しそうに続ける

「告られたのはな、………


ジャッカルなんだよぃ!!」
「「………
ええええ!!ジャッカル先輩がぁ!!!!!!!!?」」

「声がでけェェェ!!!!
そしてこの声もでけェェェ!!!!!」


[*前へ][次へ#]

3/12ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!