[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
その男、セールスマン








「……………実はここの地には特殊な力を感じていたんですよ、」



「興味ないです帰ってください」



「待ちなさいよ、」









よもぎは男をテーブルから引き剥がそうとすると、





逆に腕を掴まれた



































「今日ここに泊めてください」






[*前へ][次へ#]

8/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!