[通常モード] [URL送信]

王者立海生の日常
その男、修行僧









「――――――ワタシの名前はエイシュンと申します」







結局 男を家にあげることになったよもぎは

取り敢えず"エイシュン"に茶を出す







「ワタシはある寺の修行僧でして、


全国を行脚しております」







「……………はあ。」







「………………何か?」






「………………えーっと、」
















よもぎは目を泳がせて


言おうか言うまいか迷って、








やっぱり言った
















「その……お坊さんが、






……なんでうちの庭に?」




[*前へ][次へ#]

6/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!