[通常モード] [URL送信]

王者立海生の日常
謎の男






振り返ると、





立っていたのは長身の眼鏡の男だった














かと言って乾ではない





髪型が独特過ぎる









セットに1時間15分はかかっていそうだった


















「………………」





「………………」





「…………………」





「…………………………、













はいさい。」
















「…………………!!っ、」















瞬間、頭の整理がついたよもぎは大声をあげようとした

















しかし、












「むぐっ!?」







「……………静かにしなさいよ」






いつの間にか背後に移動していた男の手によって


それは阻まれた














独特のイントネーションで、男は続ける
















「暴れてもらったら困ります


さもないと…






































「ゴーヤ食わすよ」










[*前へ][次へ#]

5/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!