[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
ある日の午後四時






ちなみに、



わたしの家族は、お母さんが
弦くんのお母さんと旅行に出かけたり、




それぞれ事情があってこの三日間家にはわたし一人です





お隣の弦くん家も誰もいません






わたし独りです









寂しいです



























そんな日の、午後4時すぎの、





ことでした。





[*前へ][次へ#]

2/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!