[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
合宿一日目




跡「………で、幸村、



最終日 三日目だが…






本人にばれるような真似してねぇだろうな、


あーん?」





跡部がニヤリとしながら身を乗り出し
幸村に尋ねる



幸村も柔和な笑顔でそれに応えた




幸「あぁ、細心の注意を払ってるからね、死角はないよ!


準備をしてくれた跡部や皆には感謝しているよ

苦労をかける」




跡「フン、俺様は一度やると決めたことは完璧に仕上げる主義なんだよ」




橘「あぁ、ウチの連中にもよく言い聞かせているよ」



手「だが、まだ気を弛めていけないな



油断せずに行こう」





手塚の決め台詞で、ミーティングは幕を閉じた




[*前へ][次へ#]

14/31ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!