[通常モード] [URL送信]

王者立海生の日常
季節外れの合宿



「跡部たちも同じように考えたらしい…


そこで今回の合宿が設けられることになったんだ」




そこまで言うと、幸村は真剣な表情を崩してふっと笑った




「勿論、それぞれ他にもやらなければならないことはあるだろう、無理強いはしないよ、」

「なに言ってんだよ幸村くん」



幸村の言葉を遮りブン太が口を開く




「んなの、テニスやりたいに決まってんだろぃ」




「そうッスよ!!

他校の奴等と試合したいと思ってたんス!!」



ブン太に赤也も賛同し、

他のメンバーも力強く頷く


皆気持ちは同じようだ




「……よし決まりだ

跡部に連絡しておくよ

…皆でテニスを、


テニスを楽しんでいこう!!」




「イエッサー!!」




[*前へ][次へ#]

8/31ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!