[通常モード] [URL送信]

王者立海生の日常
季節外れの合宿



レギュラーから次々と疑問の声が挙がる




「みんなの気持ちは良くわかるよ




―――だけど少し考えて欲しい」




幸村は一つ頷くと机から身をのり出した






「………今夏の全国大会、

俺たち立海大は残念ながら
準優勝という結果に終わってしまった」





静かに語る幸村に、
テニス部メンバーも真剣に耳を傾け始める




「これからのテニス部のことは赤也たち2年に任せることになる…」




幸村は赤也を見据えたあと、
他の3年レギュラーを見渡した



「しかし、俺たちはここで終わるわけにはいかない、

そうだろう?

みんなだって、立海大附属の中学生として、


テニス、したりないんじゃないか?」




[*前へ][次へ#]

7/31ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!