[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
季節外れの合宿





「………ほー」






目の前にそびえる建物を見上げて、


よもぎは感嘆のため息を漏らす







我が家の何倍はあろうかという敷地、


建物の至るところには細かな装飾が施され、


まさに豪華絢爛という言葉が似合う




庭にはよもぎには到底理解ができないオブジェが
何体も置かれ、


しかし幸村が言うには


「ナントカ(もう誰だったか忘れた)の作品に似てるよ」


ということなので、


きっとこの建物に似合う

芸術的かつ高値のつくものなのだろう


[*前へ][次へ#]

4/31ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!