[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
プロローグ




医者にしっかりと釘を刺されたあと、


俺は診察室をでた











退院か……きっとあいつらも喜んでくれるだろう



そしてまた彼らを指導できる、


一緒に練習できる、




テニスができる…







「その為にリハビリして、
感覚を取り戻さないと…


……!?」




俺が独りぼやいていたそのとき、

















―――――ビュンッ!!










何かが物凄い勢いで俺の脇を駆けていった












女の子だ




「なんだ……?」





[*前へ][次へ#]

2/31ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!