[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
仁王の想い




「ちょっと!わたしのクラス授業始まってるから

もう行かないと!!


ほら後のクラスつまってますよ!」







「じゃけぇよもぎ、オレが終わるまで一緒にいちょくれ!!


手ェ握っといて欲しいナリ!!


そしたら注射もガマンするから〜!!」







「Σわかりましたわかりました!!



わかりましたからもう泣かないで下さい!!


ほら先生に腕見せて!」







「うっ、うっ……







Σギャー!!


やっぱ怖か!!

よもぎ代わっとくれ!!」






「Σなに言ってるんですか

わたし二回受けてどうすんですか

あッ 暴れないで針変なところ刺さるー!!」
















よもぎが自分のクラスに戻れたのはそれから10分後のことである






*END*



[*前へ][次へ#]

5/6ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!