[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
決意のワケ




「…………ってワケなんだよぃ



……くっそーオレだって数年前はこんなんじゃなかったんだ


それに3段腹じゃねぇ、

まだ2段腹だ






まるで娘がマセてきて


お風呂に入ってくれなくなった父親のような叫びを終え項垂れるブン太









「……つまり、痩せて弟たちのイメージを上げたいと」





「そうなんだよぃ!!



何かいい方法ねーか!?」






「無論たゆまぬ鍛練だ!!」


「いい汁………いや、


いい栄養ドリンクを作るやつを紹介するが飲んで健康的に痩せてみないか?」



「Σそれ青学の眼鏡じゃなか!?やめんしゃい死ぬぞ!!」



「てゆーか何よりもまず、」





よもぎがブン太の手元を指さした



[*前へ][次へ#]

5/20ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!