[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
まごころ




"やなぎくんにピッタリ!"





「柳にピッタリって本当はこっちのことだったのかな」







手作りの、押し花の栞






よく見ると、他にも紙袋の底にいくつかあった










「オレ、時々羨ましくなるんだよね」




[*前へ][次へ#]

5/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!