[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
いたずらごころ



「もー 駄目だよ柳、

どうしてあんなこと言うの?」



「どう考えてもあいつが悪い」




柳がよもぎからのノートの束を整えていると、










ひらり、








「あっ柳何か落ちたよ…


……わぁ、」







落ちた紙切れを拾うと、

幸村の顔が綻んだ




「精市?」



「これ、」




幸村が柳に見せたそれは



[*前へ][次へ#]

4/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!