[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
いたずらごころ



「じょうだん!冗談なの!!

ごめんなさいごめんなさい、



乾さんのドリンクの実験台はイヤ!!」




幸「や、柳 そのくらいにしてあげなよ


よもぎちゃんだって一生懸命選んでくれたんだよ? きっと」




「そ、そう! それは本当!」



蓮「ならば精市ならこれは使えるのか」



幸「もちろんだよ!!」



「ゆきむらくん男前!!」



蓮「ならばやろう」



幸「ちょっと柳、」



「Σあッ! そんなぁ…や、やなぎくんのばかー!!」



蓮「神奈川の海に沈めてやろう」



「Σリアル!! いやだよ!もうっ!」




よもぎは柳の腕からすり抜けると逃げるように去っていった



[*前へ][次へ#]

3/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!