[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
真田HappyBirthday



「うーむむむ…」



皆個性溢れる品を送るようだ


調査した結果 よもぎは何をあげたらいいのか


ますますわからなくなった










「なにションボリしてんだー? よもぎ!」



机でダレていると赤也が


ひょっこり顔を覗いてきた


よもぎは目だけで赤也を見て
ダレた声で赤也にも尋ねた




「キリちゃんは、


弦くんに誕生日なにあげるか決めた?」





「真田副部長?



もう用意してあるぜ!」




「嘘!?」






赤也は弦一郎の誕生日を覚えているかすら危うかったのに、


もう準備までしてあったとは驚きだ






これだよ、と赤也は鞄をごそごそやって


くしゃくしゃの紙を取り出した



[*前へ][次へ#]

7/20ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!