[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
時ハ金ナリ



「……あ、」



電車の扉が閉まる瞬間、


よもぎは扉の向こうに
何かを見つけて声をもらした




電車が発車しても、首を左に動かして一点を見つめている



[次へ#]

1/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!