[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
帰り道



「言い忘れちょったんじゃが、」



仁王がひょこり、とジャッカルの背中から顔をだす



「視線を感じるのと同じに、
なんか変なもんが落ちちょる」



「変なもん?」



「Σあ!! あれじゃ!!」



仁王が指差す方向には、




[*前へ][次へ#]

9/47ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!