[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
脅迫状




「「脅迫状が来たぁ!?」」


一旦仁王を泣き止まして、
5人は放課後の3Bの教室に集まった



「こ、これがそうじゃ」



仁王はまだ震える手で
先ほどまで握りしめていた紙を差し出した







"おれのベストパートナーに手ェだすな

死なすど"




「ほんとだ…」





[*前へ][次へ#]

3/47ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!