触手の剣士悶絶愛撫|BL小説|エロ小説|裏夢小説|官能小説
身動きが取れなく


触手の弾力と粘液で、斬りつけることができない


「うひぃぃぃぃっ!?」


その感触があまりに気持ち悪くてリュークは情けない悲鳴を上げながら後退する


―どうすりゃいんだよっ!?


剣が効かないとなると、手の打ちようがない


―やっぱ、誰か連れてくりゃ良かった


銃か火属性の魔法なら何とかなるかも知れないのに


だが、後悔しても遅すぎる


今の攻撃で刺激してしまったのだろう


モンスターがこちらを向いた、ような気がした


いや顔はないんだが


「ひっ……」


長い触手が数本、リュークに向かって伸ばされる


「触んなっ」


リュークは剣を振り回して弾き返すが、あまりダメージにはならないらしい


次々に触手が伸びてきて、手足を絡め取られてしまう


―ヤバッ


と思ったときにはもう遅くて、リュークは身動きが取れなくなっていた

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!