触手の剣士悶絶愛撫|BL小説|エロ小説|裏夢小説|官能小説
脈打つそれを感じ


「はぁぁん…っ!」


欲しくて堪らなかったものを与えられて、リュークはギュっと触手のそれを締め付ける


「こんなに締め付けて…そんなに善いか?」


「んっぁ…っ…すごく気持…ちイィっ…もっと…っぁ…もっと奥まで…して…っ」


「厭らしい子だ」


触手は奥まで深く深く蹂躙する


「ひぅっ…ンッ…あぁぁぁんっ!」


触手の激しい動きによって、リュークはあっさりと昇りつめる


「早いな…まだこれからだぞ」


触手はイッたばかりの敏感な身体に容赦なく欲望を叩き付けてる


「ひっ!?んやぁぁぁぁっ!!」


すぐに苦痛も快楽に変わり、ハセヲは淫らな喘ぎ声を上げる


「あっ…あぁっ…んっ…やぁ…っ」


より激しく突き上げられたかと思うと、リュークの中に触手のそれが注ぎ込まれた


―何も考えられない


ドクドクと脈打つそれを感じながら、リュークの思考も意識も快感の奔流の中に消え失せた

[*前へ]
[戻る]


無料HPエムペ!