触手の剣士悶絶愛撫|BL小説|エロ小説|裏夢小説|官能小説
先端から溢れる蜜


「あぁ…っん…もっ…」


リュークはこれ以上ないくらい昂ぶり、先端から溢れる透明な蜜は幹を伝い後ろのアナルを濡らした


「ゃっ…んぁ…っふ…ぅ…あっあぁ…っ!?」


なのに、イけない


両腕を触手に拘束されているため、自分で自身を慰めることもできない


あまりにもツラくて苦しくて、リュークは眼に涙を滲ませる


けれどもアナルに挿入された巨大な触手が容赦なくリュークを高みへと押しやっていく


痛みを覚えるほど昂ぶりきったぺニス


「っやぁ…んっ…誰…か…ぁっ…!」


「いぁぁっ…もっ…誰か…助け…」


快感が過ぎて、おかしくなりそうだ


誰でもいいから、この拷問のような責め苦から解放して欲しい


「んんっ…ぃあ゙ぁぁ…っ!」


少しでも快感から逃れようと、身をよじった際に触手がリュークの弱いところを直撃する


リュークは達すると思うほどの快感の波に掠われた


だがそれは射精を伴わないドライオーガニズムで、リュークは脳だけが味わっている快感にビクビクと身体を震わせる


「ぁぁぁぁぁぁ…」


なおもアナルの触手は刺激を送り続け、リュークは意識を飛ばしかける


「も…助け…っ…あ…んっ…!」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!