触手の剣士悶絶愛撫|BL小説|エロ小説|裏夢小説|官能小説
恐怖と快感に


「ひっ…も…ぉ…ゃだ…っ」


少年は、恐怖と快感にうち震えていた


ヌルヌルと躯中を這い廻る感触に、トリ肌が立つ


「やっ…あ…」


熟した小さな突起をなぶられ、うずくような快感がそこから全身へ広がる


「やだっ…な…んで…」


―なんで、こんなことに…


少年は己の身に起きたことが信じられず、瞳から大粒の涙を流す

[次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!