即入れ生挿入|エロ小説|裏夢小説|官能小説
もっと突いてよ



少し間をあけたあと、ぺニスはゆっくりと動きだす。


「あっ、やっ、まだ動かしちゃっ、やんっ、あっ」


「中で出してもいいか?」


「えー、いいけどっ、あっ、今日はっ、あっあっ、だめっ、やばいから、あん、いい」


「あー?じゃぁもうやめるわ、抜いちゃお」


「やっ、待って、待ってよー、やめないで、あっ、あん、もっと突いてよー」


「じゃぁ中に出すぞーーー、あーーやべー」


「あんっ、あっ、だめだよ、ねー、あんっ、あっ、いい、ねー、気持ちイイ、やばいよ、あっ」


「ほんと、出すぞ」


「ハァハァ、ダメ、今日は、ハァハァ、ホントっ、ヤバイよ、ハァハァ、あん、あっ、あっ、いい、激しいよ」


「あー気持ちいい、出すぞ、いいな」


「あー、やだっ、だめっ、だめっ、ほんと、やばいからっ、あん、や、ああ、あああ、あっ、あっ」


「じゃ止めるぞ?」


「だめっ、お願いっ、すぐ、イキそう、なのっ、あん、あっ、ねー、やめちゃだめっ、ああ、あっ」


「あーー、もう知らねーよ、あーイク、イクぞ、出すぞ、あー、イク、イクっ」


「あーーーー、もうどうでもいいっ、中に出してーーーーー、ああっ、出てる、出てるよ、あっ、あっ、イクっ、イクーーーーーーーーーーー」


純子は膣がぎゅーーーとなり、ビクンビクンと痙攣しながら精子を中で受け止めました。

[*前へ]
[戻る]


無料HPエムペ!