即入れ生挿入|エロ小説|裏夢小説|官能小説
スケベな女だな



ズンッ!ズンッ!


「ちょっ、まっ、あっあっ、イッたばっかで、あっあっ、やばっ、あっ、あん、やっ、ダメっ」


すぐにまた、立ちバックのままガンガン犯しはじめました。


グチュン…グチュン…


「何だよ汁が膝まで垂れてんじゃねーかよ、スケベな女だな」


「やだっ、言わなっ、あっあっ、あん、やん、どんどん出ちゃっ、あん、あっ、やっ、いい」


激しく腰を打ち付けます。


「えっ、うそっ、あん、あっ、だめっ、ヤバいよ、ダメっ、あっああっ」


大きく反り返ったぺニスは奥の奥まで純子の中をかき回す。


「あんっ、やばいよ、気持ちイイっ、ねーっ、おっきいから、あっあっ、イクっ、イクっ、あー、あーーー」


純子は体を痙攣させて、潮を吹き散らしてイッてしまう。


「何だよ淫乱女、潮吹いてイッてんじゃねーよ」


「あー、ハァハァ、出ちゃったよー、ハァハァ、気持ちイイ、やばいよー」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!